やっと一年生に渡せるよ、長すぎた

 劇団群狼二年生の紹介があらかた終わりました。
 というよりも書いてくれる方が全員終わりました。
 次からやっとこさ一年生。
 
 ああ、最近長い文章が書けなくなってしまって、この辺で終わります。

 次回「吉岡寛の確かに、一理ある」をよろしくお願いします。
スポンサーサイト

羽生圭吾の 俺、実は

羽生圭吾 の俺、実は…


劇場群狼、副座長・舞台監督チーフの羽生です。

更新が遅くなりすみません。
自分の方で色々ゴタゴタがありまして…
そして気がついたらもう…夏公演が始まってしまう 汗
ああ…忙しい、忙しい 泣


さぁ話の本題に入ります。
『羽生圭吾の俺、実は…』の題名で始めなくてはなりません。
この形だと何か自分の秘密を暴露しないといけないような気がします。
ただ、自分が暴露して面白い話はあるのか…
そして本文をしっかりまとめる事ができるのか…
不安だらけですが、始めていきたいと思います。


『羽生圭吾 の俺、実は…

演劇8年やっているんです…』


それがどうした…と、言われたらどうしようもないのですが、こんなにやっているのに、下手なんだぁと、思っていて下さい 泣

おそらく『群すか』の中で1番長くやっているのではないでしょうか!?
中学生の時から始めたので、大学卒業するまでやったら2桁の10年になってしまいます…あら、ビックリ!

とにかく無駄に長くやっている、というお話でしたー!

大学進学時には、もう演劇からは離れると思っていましたが、なぜかやっています。
演劇経験者にはわかる人もいると思うのですが、辞めると思っていてもなんだかんだ辞めれないです。なんででしょうか?

私、気になります 笑


期待外れだよ!と、思われた方にはすみません…これが自分の限界です 汗


では次の更新を楽しみにして下さい。
それでは、失礼します。

※書いた時期とここにのせた時期がすこしだけ異なります。
 すみません。

次回「やっと一年生に渡せるよ、長すぎた」をよろしくお願いします。

夏休みの戯言

こんばんわ!


8月22日。


座長の一言の時間です。
この文は劇団群狼座長、田畑良守本人が責任を持って書いておりますので、ご安心ください。
決してゴーストライターではありませんよ。
また、フランシスコ・ザビエルでもありません・・・
・・・ふふふ。おふざけが過ぎたようなので、先へ進んでいきたいと思います。
今日は荻窪小劇場に劇場入りをしました。
ちょー快晴だったので、暑くて大変だったけどぉ、まじチョベリグでした。
ということで、本題に入りたいと思います。

「夏休み」って一瞬だよね。

小さい頃から宿題を8月後半にやっていた僕にとっては、夏休みの楽しい思い出は一瞬で、
あとはいかに手早く宿題を終わらせるかが至上命題となっていました。
友達と一緒に外に出かけ、真っ黒になるまで遊んでくるなんて子供でもなかったので、
インドアでパワプロばかりやってました。
そんな僕に言ってあげたい・・・
低めのフォークは絶対に見逃さないとダメだぞ。
さて、そんな僕の今年の夏休みも一瞬です。授業終わって一か月経つなんて信じられません。
結局いつものように時間に追われる毎日(エブリデイ)です。
あー毎年そんなこと言ってんなー
夏休みってなんなんだろう。
ノスタルジックやわぁ
さあ、ともかく今週の土日は本番です!緊張の引退公演です!
夏休みを費やした答えはきっとそこにあるはず。
多分。

Pagination

Utility

プロフィール

劇団群狼×劇団すかんぽ

Author:劇団群狼×劇団すかんぽ
日本大学法学部「劇団群狼」と大妻女子大学「劇団すかんぽ」の公式ブログです。
日々の稽古の様子やニュースをお届けいたします。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

来場者