FC2ブログ

森遥奈の素晴らしい空想力



初めまして、劇団群狼1年の森遥奈(通称:もりはる)です!竹内くんから笑顔がキュートと紹介に預かりました、笑顔しか取り柄のない奴ですが唯一の取り柄を大切にしたいと思います…!


さて、お題を頂いております『もしも、もしもボックスがあったら……』ですね。実はお題を頂くまで、もしもボックスって何か知らなかったんです…!聞くところによるとドラえもんのひみつ道具なんだとか。ドラえもんの道具って、夢がいっぱい詰まっていますよね~。でも実はドラえもんの道具に頼らなくても夢は必ず実現できるんです!その話は後ほどじっくりと……


さあ、本題に入りましょう。もしも、もしもボックスがあったら私は「メルヘンな世界」に住みたいです。ふりふりの洋服を来て、ふわっふわした髪型にして、高級なカップで紅茶を飲みながら優雅にお茶菓子をつまんで、スキップをしながらお花畑を散歩して、白馬に乗った王子様に迎えに来てもらうんです󾬆︎うわわぁっ、想像したらなんだかワクワクしてきましたっ笑

メルヘンな世界って、実際にはあまりないじゃないですか。もし普段からメルヘンメルヘンしている人がいたらきっと、皆さんびっくりされるか、珍しいものを見たと思うはずです。
…でも演劇では違うんです!お花畑を散歩したり、白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる世界が舞台の上にはあるんです!そして、自分がその世界の住人になって、夢のひと時を過ごす…儚い世界だけど、その儚さがまたいいですね。幾つもの世界を渡り歩けるのも、演劇の世界ならではでしょう。
舞台の上では、普段なら恥ずかしくて言えないような台詞も格好つけてさらっと言えてしまいますし、絶対に言わないような台詞や口調を使う機会に出会えます。幾つもの様々な人生を歩む感覚…なかなか体験できることではないですよね。

もしもボックスが無くても、私が望む世界は自分で手に入れられそうです。
先にも述べましたが、ドラえもんの道具がなくても、自分が一歩踏み出せばやりたいことはなんでもできるんですよっ、必要なのは踏み出す勇気だけなんです!望むことは手を伸ばせば届くところにあるんです、最後までやってみなきゃわからないんです!大事なのは、根拠のない自信です󾬆︎……あわわっ、よくわからないことを力説してしまった。一人で暴走するのは私のよくないクセです、悪しからず。

これ以上語ると、私の頭の中がいかに凄い事になっているかが皆さんにばれてしまいそうなので、これくらいで締めくくりますね。笑。


さてさて~次は、劇団群すかの王子様的存在、そして我が衣装メイクチーフの上形瑞穂先輩にお願いしましょう!
お題は『これだけは絶対に譲れない話』。うえさまのこだわり、気になりますな~。今度の舞台の衣装案も、凝りに凝ったものが出来上がりそうですね。それではうえさま、どうぞよろしくです!
スポンサーサイト



第七回稽古!


第七回稽古!

とにかく人が多い!

わーい!
自主練もですが
ダメ出ししあいながらできるというのはなかなかいいものです

最近は1年生も積極的にダメ出ししてくれて
ほんとーにうれしい!

糧にしたいものです

いつも一緒の三人組と
もっももっとテンションあげていきたい!

いやぁ、とても楽しいものです

ふふふ




あとあれですね
後輩くんへのこうした方がいいんじゃない?っていうダメ出しを
具体的に出来ればいいなぁなんて思ってます

難しいなぁにゅふん

次からは七月
あと2ヶ月しかないんですね

この2ヶ月を大事に
深くて重い夏にしたい

楽しみだ!

ブログもガンガン回ってます
一二年が速筆すぎて
遅筆の三年が苦しむ姿をみるのが楽しみです(^凹^)


たけしょーのブログを読んでね、
ちと泣きそうになりましたけど(笑)

いいですね
将来の後輩が見てくれるなんて
こんなロマンチックなことあるんですね

新歓の時たけしょーにはるこうみました!
っていわれて
嬉しすぎて二三年に言いまくるくらいにはやばかったです

こんなことって滅多にあるものじゃないと思うけど
夏公演もそうなるといいなぁ


いよいよ七月だ!

たたらん

Pagination

Utility

プロフィール

劇団群狼×劇団すかんぽ

Author:劇団群狼×劇団すかんぽ
日本大学法学部「劇団群狼」と大妻女子大学「劇団すかんぽ」の公式ブログです。
日々の稽古の様子やニュースをお届けいたします。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

来場者