FC2ブログ

獅子の故郷⑥

  • 2013/07/31 22:49
  • Category: 物語
「で、結局面白いことって何だったんだよ」
壁越しに佐竹が聞いてくる。
「どうせまた、くだらないことだろう。頼むからそのくだらんに人を巻き込むなよ」
興味がないかのように寛治が付け足す。いや、本当に興味がないのだろう。
右側の壁から佐竹の、左の壁からは寛治のあくびが聞こえてくる。
「人ってのは他人と書いてひとと読む方な」
個々に四方を囲まれた状況の中、真ん中の部屋にいる勝は「お前らを巻き込むつもりはないよ」などとうなだれてみる。
「どっちにせよ誰かを巻き込むんだろ?」
ギクッ。
勝は自覚している。自分が行動することで周りに迷惑がかかるということを。だから少々厄介なのだ。
前に寛治から言われたことがある。
「迷惑かかるって知ってるならやらなければいいじゃないか」
確か中学の頃だ。どんな悪戯も童心にかまけと行えた小学生を過ぎ、大人となろうとしている頃合いに、呆れた寛治に言われたのだ。寛治は小学生の時も悪戯を阿呆らしいと言っていたのだが。
しかし、そうは思ってもやめられないのだ。こんなように答えたのではなかったか。
すると「なら止められるだろう」
「止めたい。が、その先に何か有るはずだと思ってしまうのだ。必ず有益なことがあるはず。これはもうほぼ病気で、欲を満たすと俺の中の善が主張し始めて困惑させるのだ」
「そうか、お前も悩んでいるのだな」
しばしの沈黙を過ぎ、視線を合わせることなく寛治はそう言った。
その後は覚えていない。そのまま沈黙で時間が過ぎたか、話が切り替わったかだろう。
その日の夜、固い決意のもと、やりたいことをやらずにでっかく書き記す、ということをしたのだが勝はそのことを忘れている。
その証拠に、目の前に書き記されている、その我慢が目に入っていない。
カラカラカラ。
右側からそんな音が聞こえてくる。
「くさっ」
勝は正直だ。
「なんだよ、トイレなんだから当たり前だろう」
ジャー。
「言い訳はいいよ」
その声とともに寛治は隣の部屋を出ている。
「早いな、お前は」
そうしてトイレットペーパーに伸ばした手を、ピクッと止めた。
勝の視線の先にはデカデカと文字が書いてある。
モンドセレクション、取る。
その下の方に、無理だろ。
その下には簡単だろ。
いつの間にか輪が出来上がっていた。
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gunlow.blog.fc2.com/tb.php/112-cd4fea52

Comment

モンドセレクションの件で笑った
  • URL
  • 2013/08/06 08:06

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

劇団群狼×劇団すかんぽ

Author:劇団群狼×劇団すかんぽ
日本大学法学部「劇団群狼」と大妻女子大学「劇団すかんぽ」の公式ブログです。
日々の稽古の様子やニュースをお届けいたします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

来場者